Godox TT350 レビュー カメラ初心者が上手く撮るには?

Godox TT350 レビュー 初心者はカメラのストロボでレベルアップ?

投稿者 : 山下紀之 on

初心者はなかなか思うように撮影できない! カメラってかっこいい趣味ですよね。 でも、最初のころは 「なかなか思ったように撮影できない!」 そう感じる人も多いです。   そして多くの人は入り口の部分で理想と現実のギャップを感じ 高価なカメラや機材を購入するものの挫折するケースはよく聞くところです。   しかし、裏を返すと最初の段階である程度納得のいく撮影ができれば カメラの魅力を感じることができると言えます。   そこで今回ご紹介したいのが【ストロボ】という機材です。     そもそも「ストロボ」ってなに? 「写真を上手に撮影したい」と思ったら、まず真っ先に揃えたいのが【ストロボ】という機材です。 ニコンやキャノンでは「スピードライト」と呼ばれています。 【外付けのフラッシュ】と言ったらわかりやすいでしょう。   最近は写真の画像処理技術が向上し、PCではもちろん、デジカメで撮影してその場で明暗の調整を することもできるようになりました。 ただ、加工できるといっても範囲は限定的ですし、逆光(例えば太陽を背に撮影)を順光(通常の光源) にするのは不可能...というか、ある程度できなくもないですがかなり不自然に仕上がってしまいます。   そこで光の加減を調整したいのですが、備え付けのフラッシュではどうしても光が弱い場合があります。 晴れた日の屋外での撮影は問題ないですが、少し暗くなったり屋内に入ると、どうしても画面が暗くなり 色味なども鈍くなるため「あれ、何か思っていたのと違う・・・」となってしまいがちです。 また、屋内で照明設備を揃える場合、初期投資と広い場所やレンタル代が必要です。   プロやベテランの場合は、限られた条件、環境でもそれを感じさせない写真を撮ることができますが、 おそらくあなたがまだ初心者と思っているなら、【簡単にきれいな写真を撮る】ためにまずはストロボを 揃えるのが近道でしょう。     ストロボの平均相場は?  カメラを購入するときはいろいろと調べられたと思いますが、正直カメラや機材の値段は ピンキリです。  また、カメラ初心者の方が最初から高価な製品を揃えてももったいないと個人的には考えています。 参考までに、キャノンの純正ストロボで、だいたい3万円~数十万円となっており、 最安値付近でも安いデジカメがもう一台買えてしまいます。   ただ、最近ではもっとお求めやすいストロボも多く販売されています。 そんな安価で使いやすいストロボの一例をご紹介します。     初心者におすすめのストロボ 「コスパがいい」「軽量」「コンパクトカメラでも使用できる」 そんな初心者にも優しいストロボが【Godox TT350】シリーズです。 対応カメラ:キャノン・ソニー・富士フィルム・ニコン   →TT350シリーズ   バッテリーなしの重量が200gと軽量!   また、 TTL自動発光機能 スレーブ機能(受信機内蔵) 日中シンクロ機能 こんな機能が付いているのもうれしいです。   また、当ショップではロケーション撮影向けのフラシュも扱っております。   →GODOX H200R ラウンドフラッシュヘッド (AD200専用のラウンドフラッシュヘッドです。)     最後に 今回は初心者でも写真が上手に撮影ができる「ストロボ」について説明しました。 カメラという趣味は憧れて参加する人も多いと思いますが、 実際は理想と現実のギャップがあり挫折する人も多いです。   そんな時、最初は道具に補助してもらって、徐々に技術を身につけ カメラの楽しさを感じてもらうのもいいかと思い、今回商品を紹介しました。 お役に立てましたら幸いです。  

続きを読む →